今回、座長の早乙女太一からお話を頂いて、出演させて頂く事になりました。

大衆演劇という僕にとって全く未知の世界に、胸が高鳴りドキドキする期待感と同時に膝がガクガクするような恐怖感も感じています。

太一とはお芝居で久しぶりに絡めるので、お互いに板の上で楽しめるよう僕自身が出来ることは全力で取り組みをさせて頂きます。

充電期間を経た朱雀の再出発の一員になれた事に誇りを持って、素晴らしい公演にする為に精神と身体を擦り減らしていく所存でございます。

あと、太一座長に怒られないように頑張ります。